さっぽろ青年ユニオン
【ワーキングママ実態調査(休業補償・働き方)】アンケート経過報告

12/28が一次集約となっていたアンケートの、途中経過報告です。


現時点で総回答数84件。アンケートは、回答内容に応じて次の質問が分岐する内容となっているため、設問ごとに回答数が異なります。

〔問1〕特別休暇を取得できましたか?(回答数84)

「取得できた」は25件で30%(内訳は「完全に賃金が補償された特別休暇を取得できた」が16件で19%、「日数や時間に制限があるが取得できた」が9件で11%)。
「全く取得できていない」は46件で全体の55%となった。

〔問2〕取得の際はどのような状況でしたか(回答数25 ※問1で①②の回答)

「スムーズに取得できた」と回答したのは11件で44%。残りの56%は、「会社にかけあう」「労働組合を通じて取得」など、労働者本人が何らかの行動を起こした結果、特別休暇を取得している。「労働局を通じて取得」の回答は1件。

〔問4〕一斉休校で仕事を休んだ際の賃金補償についてどう考えますか?(回答数46 問1で③の回答)

65%に当たる30件が「会社が申請しないのであれば個人で申請できるようにすべき」と回答。「済んだ話なのでもういい」との回答は3件で7%。

現状ではまだまだ母数の少ないアンケートですが、「小学校休業等対応助成金」の対象となる、小学生以下の子を持つ労働者世帯の声として、一定の傾向が出ているものと受け止められます。 

特に、休校期間中の特別休暇を「全く取得できていない」と回答した46人中、30人が同制度の個人申請を求めており、制度運用の見直しが一層期待されます。引き続き、アンケートへのご協力をお願いいたします。

〔アンケートへのご協力をお願いいたします。 〕https://docs.google.com/forms/d/1_TTbtS42m8LQzkIUm1X_UvvaxJpZL4dMKxJTesQXWEc/edit
Tweet
さっぽろ青年ユニオンホームページ
http://sapporo-seinen-u.upper.jp/